「タグ:書籍」

covrr
例えば、風邪をひいたときに、豆腐のグラタン。便秘をしやすい人には、しめじのギリシア風。眠れないときには、きな粉じるこ。 食欲不振、吐き気、疲れ・・・こんなときにも、思わず食べたくなるレシピが113種もつまった名著「ちょっと具合のわるいときの食事」はあえて男性陣必携!愛しい人がちょっとおかしいなと思ったら、ここから一品二品作ってあげれば、すぐに笑顔が戻ります。

(続きを読む…)

bosphorus
コンスタンチノープル――黒海とエーゲ海とを結び、北部ヨーロッパとアジアを結ぶ世界貿易の要衝。四世紀にコンスタンチヌス帝が「第二のローマ」として遷都して以来、東西のさまざまの文化が重層されて、諸民族の雑多な坩堝(るつぼ)を形成し、典型的な諸神混淆(シンクレティズム)の場となったこの大商都は、ボスポラス海峡を望む風光明媚なペラやペシクタシ丘に豪奢な上流階級の別荘を点々と象嵌する一方で、金角湾沿いのイスタンブール区には、貧困とあらゆる悪徳とを押しひしめかせている、天国と地獄を二つながら抱えた都会だった。
詐欺師の楽園 / 種村季弘 (岩波現代文庫)


Ciragan Palace Kempinski Istanbul (チュラーン・パレス・ケンピンスキー・イスタンブール)は、ボスポラス海峡に望む宮殿「チュラーンパレス(チランパレス)」を改装した格式高いホテル。 (続きを読む…)

v
物事はする価値があるか、ないかのどちらかだ。中間はない。
チェスターフィールド


世界はかゆやジャムからできてはいない。それゆえ、怠け者を気取っていてはならぬ。硬い食物も噛まねばならぬ。のどにつまってへこたれるか、消化してしまうかどっちかだ。
ゲーテ格言集 (新潮文庫)


汝、与えられた義務を果たせ。行為は無行為にまさる。人は、いっさいの行為を放棄しようとすれば、おのれの肉体を維持することもできない。 ―バガヴァッド・ギーター (岩波文庫) 3章4‐8


(続きを読む…)