saqai.com

hokkimisoshiru

わたし、おだし4:赤いツノの京風味噌汁

いつも「料理長が多すぎる」を応援いただきありがとうございます。


10月のテーマは、『おだしの効いたあったか汁物、鍋物、麺』。
カラダにじんわり染みわたるポカポカな一品を、自由な発想で楽しく作っていきます。


第4回は、カツオダシと西京味噌を合わせて作った「謎の味噌汁」。丁寧にダシを取り、上質な西京味噌を使えば、具材は何も入れなくて十二分に美味しいんです。しかしながら、今回は特別に、貝のダシを加えてみました。鮮やかな赤色が美しく、上品なダシが出る「北寄貝(ホッキガイ)」。ダシのマジックを楽しんでください!


【材料(2人分)】

・北寄貝 4個
・カイワレ 2つまみ
・カツオダシ 600ml  
・西京味噌 適宜
・白だし 小さじ1


※西京味噌でオススメは、石野味噌の懐石白味噌。他の西京味噌とは一味二味違います。
※北寄貝は、お刺身用のものを使用。


【作り方】
1:味噌汁を調合する。
鍋にカツオダシと白だしを入れ、火にかける。沸騰したら火を止め、西京味噌を溶かしていく。味見をしながら量を調整するのがポイント。味噌の香りが飛ばないよう、グツグツ沸騰させないこと。

2:仕上げ
調合が終わった味噌汁に北寄貝を投入。さっと火が通ればOK。お椀にカイワレを敷き、熱々の味噌汁を注ぎ入れれば完成。


バックナンバー
わたし、おだし1:あったか湯どうふ
わたし、おだし2:朝からほっこり温玉納豆汁
わたし、おだし3:ツナと玉子のまろやか粥

※2013年レシピまとめはコチラ