「タグ:デート」

ap
想像を超えた美しい場所が、この地上に限りなくあります。奇跡の場所へ、誰と行って何をしましょう。そんな美しい光景を集めた記事「Amazing Places」のご紹介。写真左はアイスランドのSkatftafeli、右はスペインのPlatja D’Aro, Girona,。他にも数多くの景勝地が紹介されています。


記念日に、告白に、大事な約束に、あなたの場所は見つかりそうですか。


テントウケンの世界紀行」では、ヨーロッパトルコアジア・・・例えばミャンマー京都まで、素敵な場所をたくさん紹介しています。 (続きを読む…)

bi

猫も杓子もスマートフォンな昨今、高級なレストランに似つかわしくないアイテムなのは百も承知で、どのスマホが違和感ないか検証してみました。撮影はコンラッド東京にある1つ星レストラン「ゴードン・ラムゼイ」。

エントリーする機種は3種。BlackBerry BoldとGALAXY NoteIIと、猫も杓子もiPhone4S。

結果は皆さまに委ねます。ちなみにこちらのレストラン、とってもファンシーでおすすめです。

 

2013.03.20「iPhone is Dead」を掲載しました。タグ「スマートフォン」もどうぞご覧ください。

(続きを読む…)

roubai1

黄色い梅「ろうばい」がこの週末~2月にかけて見頃です。ろうそくの蝋のような花弁の透明感が美しく、黄色いつぼみが可愛らしいこの低木は、唐の国から伝来し、古くから親しまれてきました。写真は昨日群馬の「ろうばいの郷」で撮影したもの。12,000本もの蝋梅の甘く上質な香りに包まれます。

関東だけでなく、日本中に名所があります。個人で運営されている「蝋梅の名所ガイド」を参考に出かけてみてはいかがでしょう。

greenpea

雲南料理を食べたことがありますか?
もしなければ新年の目標の一つに入れていただきたい。そのくらい美味しい名店「人和園」が台北にあります。
こちらの画像は、日本では手に入らない青豆(さやいんげん)と鶏を炒めた「鶏絲炒甜豆」という一皿。甘みとコクが口の中でプチプチと弾け、美味しさと感動が胃袋を踊るようにくぐり抜けるのです。衝撃の美食体験です。
他にも雲南料理を代表する麺料理「過橋麺」や、雲南産きのこを揚げた「干扁香菇 」はぜひともご賞味ください。モダンで洗練された内装と相まって、日本人の美食ハンターもご機嫌になること間違いなし。
お腹を空かせ、どうぞ大勢で足を運んでください。大勢なほど、たくさんのメニューを食べられますから。

台湾特集「台北、美食の街」他の記事も続きからごらんください。 (続きを読む…)