「タグ:邸宅」

letter

アイランドキッチンもいいけれど、レターボックスと呼ばれる横長の窓のあるキッチンはとてもすてき。世界中から選りすぐりのキッチン12選がCONTEMPORISTで紹介されています。どうぞご覧ください。

igloo

わずか899ユーロで、あなたの裏庭に小洒落た離れが建ちます。Garden Igloo 360はドイツの製品で、工具無しで2時間以内に組み立てることができます。サイズは以下のとおりで、重量はパッケージ外箱込みで24.2Kg。

直径: 3.60 m
最大高: 2.20 m
面積 10平方メートル
通気口: 2

オプションでキャノピーカバー、モスキートネットも購入できます。いずれも349ユーロ。キャノピーはプールサイドによく似合いますし、モスキートネットは肌を露出したゲストやあなたをジカ熱、デングやマラリアの脅威から守ります。オリジナルの透明カバーは温室として使用するのもすてき。

balboa-avenue_220316_01

Kirkpatrick ArchitectsとインテリアファームMark J. Williams Designが南カリフォルニアに建てた邸宅をご紹介。威圧的なファサードや無駄に広い玄関ホールはありませんが、プールサイドのキッチンバーや暖炉付き屋外ラウンジ、ルーフトップバーなど愉しみ溢れてます。南カリフォルニアでやってみたいことは全て完璧に楽しめそう。

素晴らしい物件ですので、興味のある方は参照元Contemporistもご覧ください。写真の数々を見て学んだことは2つ。

1.家を建てるならコンクリートが良さそう。
2.大画面テレビを入れるなら壁掛けにするべきだし、疲れないからとかくだらない理由で低い位置におかない。

bath1

ニューヨークをメインに活躍するChelsea Atelier Architectが、アパートメントのリノベーションでもっとも注力したのが、こちらのマスターバスルーム。床を上げ、くり抜くように設置したバスタブと、独立した大型シャワールームの間を隔てるのはダブルシンクの洗面台。大いに贅沢な空間使いがすてき。

 

床を濡らしながらあっちこっち行き来するなんて、全く日本的ではありませんが、ニューヨークにも風呂好きがいることに嬉しくなります。

(via Contemporist)