saqai.com

bosphorus

ボスポラス海峡を望むチュラーン宮殿に泊まろう

コンスタンチノープル――黒海とエーゲ海とを結び、北部ヨーロッパとアジアを結ぶ世界貿易の要衝。四世紀にコンスタンチヌス帝が「第二のローマ」として遷都して以来、東西のさまざまの文化が重層されて、諸民族の雑多な坩堝(るつぼ)を形成し、典型的な諸神混淆(シンクレティズム)の場となったこの大商都は、ボスポラス海峡を望む風光明媚なペラやペシクタシ丘に豪奢な上流階級の別荘を点々と象嵌する一方で、金角湾沿いのイスタンブール区には、貧困とあらゆる悪徳とを押しひしめかせている、天国と地獄を二つながら抱えた都会だった。
詐欺師の楽園 / 種村季弘 (岩波現代文庫)


Ciragan Palace Kempinski Istanbul (チュラーン・パレス・ケンピンスキー・イスタンブール)は、ボスポラス海峡に望む宮殿「チュラーンパレス(チランパレス)」を改装した格式高いホテル。当然お安くはないですが十分現実的な価格帯です。トリップアドバイザーあたりで調べてみましょう。世界一豪奢なホテルに泊まれることを思えばむしろ破格。新婚旅行や記念日にも最高です。ぜひ海に面した部屋をご指定ください。ボスポラス海峡は巨大タンカーから客船まで、あらゆる船が絶えず行き交っています。一日眺めていても全然飽きません。

こちらの記事でもご紹介しています。
テントウケンの世界紀行「イスタンブールCiraganホテルで朝食」