「タグ:作品」

liquid
デザインプロジェクトRecom FarmhouseとTom Priceによるポートフォリオ作品”Liquid Simulation”。アクリルで閉ざされた無菌の空間と、そこに浮かぶオーガニックな内容物との対比を表現しています。雲や3色の液体など、それぞれ高度なテクニック&素材を駆使していて不思議。


(via TRENDLAND)

秋には五感が冴え渡ります。そうするとわかるんです。今さらハイレゾじゃないだろうと。時代じゃないですBye Byeソニー。そんな夜長にもっちりフィットするのはレコードで聴くフィラデルフィアソウル。MFSB – Get Down With the Philly Sound – 1975 [Disco]。イントロも最高ですが、3’34″あたりのドラムブレイクには月の向こうまで吹き飛ばされます。TRENDLANDのVinylMondayは選曲が最高ですから定期的にチェックするのがいいですよ。

歌ものもトラックものも、ハウスミュージック黎明期からニュージャージーサウンドを牽引してきたBlaze。そのメンバーがBlack Rascals名義でリリースしたその名もBlaze Theme Track。ダンスミュージック最強のベースソロは1分18秒からはじまります。できればアナログ盤を超フラットな特性で聴いていただきたい。このベースには腰が抜けます気をつけろ!

 

Classics and Anthems 100 Back Number:

#1:Pet Shop Boys / Being Boring
#2:Pet Shop Boys / What have I done to deserve this
#3:Jamiroquai / Blow Your Mind
#4:Mark Gage / Ecolo-Net
#5:Instant Funk / I Got My Mind Made Up

#6:Crystal Waters / Surprise (Original Demo Mix)
#7:Pal Joey / Flight801
#8:Indian Ocean / School Bell 
#9:Yoga’n'Ants / Pas Touche!
#10:Frankie Knuckles / Whistle Song

#11:Essit Muzique / Whoo Whoo
#12:Desmond Dekker & The Aces / Israelites
#13:Black Rascals / Blaze Theme Track
#14:Aprohead aka Felix Da Housecat / In The Dark We Live
#15:Massive Attack / Teardrop

とっておきの名盤を皆さまにご紹介する企画。12回めはイギリスアメリカで大ヒットを飛ばした1968年デズモンド・デッカーの大レゲエクラシックアンセム「Isuraelites」。邦題は「イスラエルちゃん」でした。

 

Classics and Anthems 100 Back Number:

#1:Pet Shop Boys / Being Boring
#2:Pet Shop Boys / What have I done to deserve this
#3:Jamiroquai / Blow Your Mind
#4:Mark Gage / Ecolo-Net
#5:Instant Funk / I Got My Mind Made Up

#6:Crystal Waters / Surprise (Original Demo Mix)
#7:Pal Joey / Flight801
#8:Indian Ocean / School Bell 
#9:Yoga’n'Ants / Pas Touche!
#10:Frankie Knuckles / Whistle Song

#11:Essit Muzique / Whoo Whoo
#12:Desmond Dekker & The Aces / Israelites
#13:Black Rascals / Blaze Theme Track
#14:Aprohead aka Felix Da Housecat / In The Dark We Live
#15:Massive Attack / Teardrop

ユーモアがない音楽なんてダサいじゃない?ジョン・レノンとかホントだめ。