「タグ:ヨーロッパ」

TAG01

紅の豚のモデルになったと言われるギリシャ、ザキントス島。ギリシャの青い海と空の間につくられた邸宅T HouseはOlivier Dwekによるもの。白と黒の直線のみで構成されたミニマルな空間に憧れます。

 (via Cool Hunter)

kc2

超広角レンズで室内をギュッと濃縮して撮ることには、風景撮影とはまた違った面白さがあります。ケンブリッジのキングス・カレッジを、マイクロフォーサーズ用OLYMPUS 超広角ズームレンズ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 で撮ってみました。

 

ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

以上すべて、Lumix GF1 とオリンパス超広角ズームレンズ ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6で2014年8月に撮影。細やかさや色など、描写に満足とは言いがたいのですが、この画角は楽しすぎます!

(続きを読む…)

v1

ルクセンブルクの南西、電車で約20分のところに、かつて製綱で栄えたBelvalはあります。一度は忘れ去られた街ですが、廃工場を遺しデザインセンターを併設。大学の誘致にも成功しました。隣国ドイツの影響を色濃く遺すこの街で、Panasonic マイクロフォーサーズ用 交換レンズ LUMIX G LEICA DG SUMMILUX 15mm /F1.7 ASPH. シルバー H-X015-Sを試し撮り!以下の画像はすべてリサイズのみのJPEGです。

panasonic lumix g leica dg summilux 15mm / f1.7 asph

panasonic lumix g leica dg summilux 15mm / f1.7 asph

パナライカ leica dg summilux 15mm / f1.7 asph

panasonic lumix g leica dg summilux 15mm / f1.7 asph

panasonic lumix g leica dg summilux 15mm / f1.7 asph

ちなみにカメラ本体は1万数千円で購入した中古のDMC-GX1-K。いわゆるパナライカとの組み合せとても気に入ってます。

温かみのある夜景だって得意です。ルクセンブルク中心部の夜景もどうぞご覧ください

luxe1

ルクセンブルクを訪れたなら中心部を護る天然の城壁、ペトリュス渓谷を渡ることでしょう。橋から望むだけでなく、ぜひ谷底まで足を延ばしてみてください。深い渓谷ですがエレベーターで一足に降りられます。谷底に踏み出したその時から、中世にタイムスリップしたかのような風景と雰囲気は、途切れることがありません。

panasonic lumix g leica dg summilux 15mm / f1.7 asph

 

panasonic lumix g leica dg summilux 15mm / f1.7 asph

(続きを読む…)