「タグ:dj」

1993年、UKテクノシーンがシカゴハウスを再発見するのとシンクロして、Francois Kなどハウス界からの天才たちはヨーロッパのテクノやトランスを超かっこよく織り交ぜて疾走感溢れるダンスミュージックを繰り広げていました。その真骨頂が金曜日のMinistry of Soundで行われていた”Open All Hours”。そしてこのムーブメントを象徴するのがこのFelix da Housecat / In the Dark We Live。シカゴの重鎮Felix da Housecatの曲を、新進気鋭のテクノハウサーDave Clarkeがオマージュたっぷりに全く新しいサウンドを作り上げました。ピュアがゆえに硬質な909ドラムに痺れるようなエフェクトワークはその後のダンスミュージックシーンを完全にリードしたのです。切れのあるサウンドとねっとりボトムに絡みつくベースラインをご堪能下さい。

 

Classics and Anthems 100 Back Number:

#1:Pet Shop Boys / Being Boring
#2:Pet Shop Boys / What have I done to deserve this
#3:Jamiroquai / Blow Your Mind
#4:Mark Gage / Ecolo-Net
#5:Instant Funk / I Got My Mind Made Up

#6:Crystal Waters / Surprise (Original Demo Mix)
#7:Pal Joey / Flight801
#8:Indian Ocean / School Bell 
#9:Yoga’n'Ants / Pas Touche!
#10:Frankie Knuckles / Whistle Song

#11:Essit Muzique / Whoo Whoo
#12:Desmond Dekker & The Aces / Israelites
#13:Black Rascals / Blaze Theme Track
#14:Aprohead aka Felix Da Housecat / In The Dark We Live
#15:Massive Attack / Teardrop

歌ものもトラックものも、ハウスミュージック黎明期からニュージャージーサウンドを牽引してきたBlaze。そのメンバーがBlack Rascals名義でリリースしたその名もBlaze Theme Track。ダンスミュージック最強のベースソロは1分18秒からはじまります。できればアナログ盤を超フラットな特性で聴いていただきたい。このベースには腰が抜けます気をつけろ!

 

Classics and Anthems 100 Back Number:

#1:Pet Shop Boys / Being Boring
#2:Pet Shop Boys / What have I done to deserve this
#3:Jamiroquai / Blow Your Mind
#4:Mark Gage / Ecolo-Net
#5:Instant Funk / I Got My Mind Made Up

#6:Crystal Waters / Surprise (Original Demo Mix)
#7:Pal Joey / Flight801
#8:Indian Ocean / School Bell 
#9:Yoga’n'Ants / Pas Touche!
#10:Frankie Knuckles / Whistle Song

#11:Essit Muzique / Whoo Whoo
#12:Desmond Dekker & The Aces / Israelites
#13:Black Rascals / Blaze Theme Track
#14:Aprohead aka Felix Da Housecat / In The Dark We Live
#15:Massive Attack / Teardrop

とっておきの名盤を皆さまにご紹介する企画。12回めはイギリスアメリカで大ヒットを飛ばした1968年デズモンド・デッカーの大レゲエクラシックアンセム「Isuraelites」。邦題は「イスラエルちゃん」でした。

 

Classics and Anthems 100 Back Number:

#1:Pet Shop Boys / Being Boring
#2:Pet Shop Boys / What have I done to deserve this
#3:Jamiroquai / Blow Your Mind
#4:Mark Gage / Ecolo-Net
#5:Instant Funk / I Got My Mind Made Up

#6:Crystal Waters / Surprise (Original Demo Mix)
#7:Pal Joey / Flight801
#8:Indian Ocean / School Bell 
#9:Yoga’n'Ants / Pas Touche!
#10:Frankie Knuckles / Whistle Song

#11:Essit Muzique / Whoo Whoo
#12:Desmond Dekker & The Aces / Israelites
#13:Black Rascals / Blaze Theme Track
#14:Aprohead aka Felix Da Housecat / In The Dark We Live
#15:Massive Attack / Teardrop

ユーモアがない音楽なんてダサいじゃない?ジョン・レノンとかホントだめ。

plx1000

かねて噂のあったパイオニアのプロフェッショナルターンテーブルPLX-1000の展示が開始されました。9月発売に先駆けパイオニア プラザ銀座B1Fに新登場

かつてクラブシーンを牽引していたっぽい人たちがアナログ盤をデジタルに取り込んでから処分するのを傍目に見ながら、この人ひとたちはお金がないのか分かってないのか?少なくともカルチャーをけん引する力はないなーと残念に思っていました。

 

さあアナログコレクションを売らずにいた皆様おめでとうございます!ハイレゾとかDSDとか、7万円のウォークマンZX-1<メモリータイプ> 128GB シルバー NW-ZX1/S が売れてますとか、デジタルコンテンツはますます実体を失い、アナログ回帰への下地はもう万全。そんなタイミングをパーフェクトに捉え、パイオニアがきちんとしたプレイヤーを発売します。

アナログレコードコレクションをお持ちの皆様。良い音を識りたいなら、ハイレゾじゃなくてDENON DL-103 MC型カートリッジ です。