saqai.com

bath1

NYにも風呂好きがいます

ニューヨークをメインに活躍するChelsea Atelier Architectが、アパートメントのリノベーションでもっとも注力したのが、こちらのマスターバスルーム。床を上げ、くり抜くように設置したバスタブと、独立した大型シャワールームの間を隔てるのはダブルシンクの洗面台。大いに贅沢な空間使いがすてき。

 

床を濡らしながらあっちこっち行き来するなんて、全く日本的ではありませんが、ニューヨークにも風呂好きがいることに嬉しくなります。

(via Contemporist)