saqai.com

殿堂入り名盤100選#14:Aphrohead aka Felix da Housecat / In The Dark We Live

1993年、UKテクノシーンがシカゴハウスを再発見するのとシンクロして、Francois Kなどハウス界からの天才たちはヨーロッパのテクノやトランスを超かっこよく織り交ぜて疾走感溢れるダンスミュージックを繰り広げていました。その真骨頂が金曜日のMinistry of Soundで行われていた”Open All Hours”。そしてこのムーブメントを象徴するのがこのFelix da Housecat / In the Dark We Live。シカゴの重鎮Felix da Housecatの曲を、新進気鋭のテクノハウサーDave Clarkeがオマージュたっぷりに全く新しいサウンドを作り上げました。ピュアがゆえに硬質な909ドラムに痺れるようなエフェクトワークはその後のダンスミュージックシーンを完全にリードしたのです。切れのあるサウンドとねっとりボトムに絡みつくベースラインをご堪能下さい。

 

Classics and Anthems 100 Back Number:

#1:Pet Shop Boys / Being Boring
#2:Pet Shop Boys / What have I done to deserve this
#3:Jamiroquai / Blow Your Mind
#4:Mark Gage / Ecolo-Net
#5:Instant Funk / I Got My Mind Made Up

#6:Crystal Waters / Surprise (Original Demo Mix)
#7:Pal Joey / Flight801
#8:Indian Ocean / School Bell 
#9:Yoga’n'Ants / Pas Touche!
#10:Frankie Knuckles / Whistle Song

#11:Essit Muzique / Whoo Whoo
#12:Desmond Dekker & The Aces / Israelites
#13:Black Rascals / Blaze Theme Track
#14:Aprohead aka Felix Da Housecat / In The Dark We Live
#15:Massive Attack / Teardrop