saqai.com

殿堂入り名盤100選#11:Essit Muzique / Whoo Whoo

とっておきの名盤を皆さまにご紹介する企画。11回目は、いまでこそトランス界隈からラリー・レヴァン的マスターピースを探すのも当たりまえですが、遅い!遅すぎます!

 

1993年リリースのこの曲、LondonのFat Cat Recordsで出会いました。金曜日のMinistry of Sound “Open All Hours”が素晴らしかった頃。そこでかかった音楽は今になってもまったく新鮮かつ超ハイクオリティー。トランスアシッドのフロアをばっちりもりあげる疾走感とレヴァン~フランソワKに通じるユーモアがツボ。それがゆえに、古くならないクラシック・アンセムです。

 

残念ながらEssit Musiqueの作品はだっさいモテない曲ばかり。これだけが最高傑作。一発屋ばんざい!私はこの一発に感動したので後世に伝えます。トランス畑から発掘される名曲は稀有だけに、ほんと突き抜けて素晴らしい。皆さまご存知でしたらぜひお知らせください。

 

Classics and Anthems 100 Back Number:

#1:Pet Shop Boys / Being Boring
#2:Pet Shop Boys / What have I done to deserve this
#3:Jamiroquai / Blow Your Mind
#4:Mark Gage / Ecolo-Net
#5:Instant Funk / I Got My Mind Made Up

#6:Crystal Waters / Surprise (Original Demo Mix)
#7:Pal Joey / Flight801
#8:Indian Ocean / School Bell 
#9:Yoga’n'Ants / Pas Touche!
#10:Frankie Knuckles / Whistle Song

#11:Essit Muzique / Whoo Whoo
#12:Desmond Dekker & The Aces / Israelites
#13:Black Rascals / Blaze Theme Track
#14:Aprohead aka Felix Da Housecat / In The Dark We Live
#15:Massive Attack / Teardrop

ユーモアがない音楽なんてダサいじゃない?ジョン・レノンとかホントだめ。